J-LiC Home上場企業一覧株式会社ZOZO

株式会社ZOZOの企業情報

株式会社ZOZOは1998年設立で千葉県千葉市稲毛区に本店を置く会社です。
業種は小売業に属しており、東証プライムに上場しています。
決算日は3月末日で、有限責任監査法人トーマツが金融商品取引法監査を担当しています。

基本情報

証券コード
3092
本店所在地

[関東地方] > [千葉県] > [千葉市稲毛区]

〒263-0023

千葉県千葉市稲毛区緑町1丁目15番16号

最寄りの連絡場所:千葉県千葉市稲毛区緑町一丁目15番地16

URL
http://www.starttoday.jp/
決算月
3月決算
業種区分
[小売] > [小売業]
上場市場

[東京証券取引所] > [東証プライム]

設立年月
1998年05月 (27年目)
業種266位 全体2,902位
最新の四半期/有価証券報告書
有価証券報告書-第26期(2023/04/01-2024/03/31)
会計基準
[日本基準]
コーポレートガバナンス形態
[監査等委員会設置会社]
報告セグメント

当社グループは、EC事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

会計監査人情報

法人が商号変更している場合は最新の法人名で表記されています。

会計監査人

会計監査人及びメンバーファームへの報酬

監査人への監査報酬(百万円)

61
業種65位 全体884位

メンバーファームへの監査報酬(百万円)

データなし

監査人への非監査報酬(百万円)

2
業種45位 全体587位

メンバーファームへの非監査報酬(百万円)

0
業種63位 全体1,180位

会計監査人履歴情報

開始日 終了日 会計監査人
2023-04-01 2024-03-31 有限責任監査法人トーマツ
2023-10-01 2023-12-31 有限責任監査法人トーマツ
2023-07-01 2023-09-30 有限責任監査法人トーマツ
2023-04-01 2023-06-30 有限責任監査法人トーマツ
2022-04-01 2023-03-31 有限責任監査法人トーマツ

財務情報(β版)

会計基準の差異を無視して各社の開示情報の中から相当と判断した項目を対象に集計しています。
順位はデータなしを除いて計算していますが、XBRLの標準タグを用いずに独自の拡張タグを使って開示している会社についてはデータを取得できていませんのでご注意ください。

売上高(百万円)

197,016
業種72位 全体630位

当期利益(百万円)

44,341
業種7位 全体198位

純資産(百万円)

84,744
業種57位 全体657位

総資産(百万円)

161,862
業種64位 全体823位

営業CF(百万円)

42,589
業種19位 全体260位

投資CF(百万円)

-9,879

財務CF(百万円)

-37,138

現金及び現金同等物(百万円)

69,748
業種20位 全体442位

FCF(百万円)

32,710
業種12位 全体177位

EPS(円)

148.19
業種70位 全体1,133位

PER(倍)

25.70

ROE(%)

55.00
業種4位 全体29位

決算日 期間 単体/連結 会計基準 売上高(百万円) 当期利益(百万円) 純資産(百万円) 総資産(百万円) 営業CF(百万円) 投資CF(百万円) 財務CF(百万円) 現金及び現金同等物(百万円) FCF(百万円) EPS(円) PER(倍) ROE(%)
2024-03-31 FY 連結 日本基準 197,016 44,341 84,744 161,862 42,589 -9,879 -37,138 69,748 32,710 148.19 25.70 55.00
2023-03-31 FY 連結 日本基準 183,423 39,526 76,693 155,742 36,671 -10,588 -17,738 74,145 26,083 131.83 22.90 60.10
2022-03-31 FY 連結 日本基準 166,199 34,492 55,099 127,276 39,895 -1,283 -34,823 65,520 38,612 115.02 28.60 62.50
2021-03-31 FY 連結 日本基準 147,402 30,932 55,507 125,656 44,790 -4,648 -12,117 61,648 40,142 101.3 32.30 68.80

上場企業本体の従業員の状況

平均年収(円)

6,925,000
業種36位 全体1,183位

従業員数(人)

1,604
業種42位 全体485位

平均勤続年数(年)

6.2
業種278位 全体2,974位

平均年齢(歳)

33.9
業種308位 全体3,568位

基準日 平均年収(円) 人数 平均勤続年数(年) 平均年齢(歳)
2024-03-31 6,925,000 1,604 6.2 33.9
2023-03-31 6,457,000 1,418 6.2 33.6
2022-03-31 5,733,000 1,338 6.3 33.3

株主構成

大株主の所有状況(株式数、持株比率)

上位10株主の持株比率合計は75.65%です。

所有者別構成(単元数、持株比率)

適時開示/企業情報開示

法人情報変更履歴

会社名

期間

株式会社スタートトゥデイ

データなし 〜 2018-10-09

株式会社ZOZO

2018-10-10 〜
現在

上場市場ヒストリー

市場

期間

異動理由等

東証一部

2007-12-11 〜 2022-04-03

新規上場

東証プライム

2022-04-04 〜 現在

2022年4月からの東証市場再編による変更

役員の一覧

役職 氏名 生年 任期 所有株式数
代表取締役社長兼CEO 澤田 宏太郎 1970年 (注)3 普通株式
80,900
取締役副社長兼CFO 栁澤 孝旨 1971年 (注)3 普通株式
164,900
取締役兼COO 廣瀬 文慎 1977年 (注)3 普通株式
60,050
取締役 小澤 隆生 1972年 (注)3
取締役 永田佑子 1978年 (注)3
取締役 堀田 和宣 1975年 (注)3
取締役 齋藤 太郎 1972年 (注)3
取締役 閑歳孝子 1979年 (注)3
取締役(監査等委員) 五十嵐 弘子 1965年 (注)4
取締役(監査等委員) 宇都宮 純子 1971年 (注)4 普通株式
3,000
取締役(監査等委員) 西山久美子 1964年 (注)4

(注) 1 取締役 堀田 和宣、齋藤 太郎及び閑歳 孝子は、社外取締役であります。

2 取締役 五十嵐 弘子、宇都宮 純子及び西山 久美子は、監査等委員である社外取締役であります。

3 2023年6月28日開催の定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。

4 2023年6月28日開催の定時株主総会終結の時から2025年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります

 

5 当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠の監査等委員1名を選任しております。補欠の監査等委員の略歴は次のとおりであります。

氏名

(生年月日)

略歴、当社における地位

(重要な兼職の状況)

所有株式数

(株)

服部 七郎

(1944年11月14日生)

1967年4月

安宅産業㈱(現伊藤忠商事㈱)入社

1977年10月

豊田通商㈱入社

1980年12月

大和証券㈱入社

1988年4月

National Westminster銀行グループ入社

1988年4月

Couty NatWest証券会社取締役債権本部長

1993年5月

Country Manager,Japan兼National Westminster銀行東京支店長

1995年8月

Country Manager,Japan兼NatWest証券会社

代表取締役社長

1999年2月

プリンストン・エコノミックス投資顧問㈱入社 代表取締役社長

2001年11月

㈱ビーエスエル(現Oakキャピタル㈱)入社 

2002年6月

同社取締役

2010年9月

当社入社 内部監査室長

2011年6月

当社監査役

700

 

 

6 当社は、業務執行の効率化と責任の明確化を図るため、執行役員制度を導入しております。なお取締役のうち、澤田宏太郎、栁澤孝旨、廣瀬文慎は執行役員を兼任しております。

 

氏名

地位及び担当

澤田 宏太郎

執行役員 想像戦略室、ブランドソリューション本部、コミュニケーションデザイン室、内部監査室、CDO室担当

栁澤 孝旨

執行役員 経営管理本部担当

廣瀬 文慎

執行役員 生産プラットフォーム本部、生産プラットフォーム開発本部担当

清水 俊明

執行役員 CI本部、人自本部担当

山﨑 孝郎

執行役員 マーケティング本部、AI・アナリティクス本部、USED事業本部担当

クリスティン・エドマン

執行役員 ブランド営業本部、EC推進本部担当

田代 将広

執行役員 フルフィルメント本部、ホスピタリティ本部、基幹システム本部、ECマネジメント本部担当

小髙 洋介

執行役員 グループ事業戦略本部担当

乾 卯太弘

執行役員 計測プラットフォーム開発本部、新事業創造本部担当

瀬尾 直利

執行役員 経情報セキュリティ・IT統括本部、ブランドソリューション開発本部、技術本部、計測プラットフォーム開発本部担当

橋本 祐樹

執行役員 ZOZOTOWN開発本部、品質管理本部担当

 

 

②社外役員の状況

当社の社外取締役(監査等委員を除く)は3名であります。また、監査等委員である社外取締役は3名であります。

当社の社外取締役(監査等委員を除く)である堀田和宣氏は、ウェディング業界及びホテル業界で培われた豊富な経験と幅広い見識をもとに、当社の経営を監督していただくとともに、当社の経営全般に助言を頂戴することによりコーポレート・ガバナンス強化に寄与していただくことができると考えております。当社と同氏の間には、特別な人的関係、資本関係、その他利害関係はなく、必要な独立性を有しているものと考えております。従いまして、同氏は当社の一般株主と利益相反が生じる恐れがないと認められるため、独立役員に指定しております。

当社の社外取締役(監査等委員を除く)である齋藤太郎氏は、ブランディングおよびコミュニケーションデザインについて豊富な経験と幅広い見識を有しており、当社グループのブランディング戦略について高い視点からアドバイスをいただくことができると考えております。当社と同氏の間には、特別な人的関係、資本関係、その他利害関係はなく、必要な独立性を有しているものと考えております。なお、同氏は㈱dofの代表取締役社長、㈱CARTA HOLDINGSの社外取締役、㈱CCの取締役、フォースタートアップス㈱の社外取締役及びSansan㈱の社外取締役であります。なお、Sansan㈱と当社の間には、システム利用料等の役務提供の取引関係がありますが、その取引金額は軽微であります。また㈱dof、㈱CARTA HOLDINGS、㈱CC、フォースタートアップス㈱と当社の間には資本関係及び取引関係はありません。従いまして、同氏は当社の一般株主と利益相反が生じる恐れがないと認められるため、独立役員に指定しております。

当社の社外取締役(監査等委員を除く)である閑歳孝子氏は、インターネットサービスにおける事業およびテクノロジーの両面での豊富な経験と幅広い見識を有しており、当社の経営を監督していただくとともに、当社の経営全般に助言を頂戴することによりコーポレート・ガバナンス強化に寄与していただくことができると考えております。当社と同氏の間には、特別な人的関係、資本関係、その他利害関係はなく、必要な独立性を有しているものと考えております。なお、同氏は㈱くふうAIスタジオの代表取締役、㈱くふうカンパニーの代表執行役及びROLLCAKE㈱の社外取締役であります。なお、ROLLCAKE㈱と当社の間には、広告宣伝の依頼の取引関係がありますが、その取引金額は軽微であります。また㈱くふうAIスタジオ、㈱くふうカンパニーと当社の間には資本関係及び取引関係はありません。従いまして、同氏は当社の一般株主と利益相反が生じる恐れがないと認められるため、独立役員に指定しております。

当社の監査等委員である社外取締役である五十嵐弘子氏は、公認会計士の資格を有しており、また、他の企業において経理グループ責任者として、職務に携わっていたことから、財務及び会計に関する相当程度の知見を有し、当社の監査においてその職務を適切に遂行していただけるものと考えております。当社と同氏の間には、特別な人的関係、資本関係、その他利害関係はなく、必要な独立性を有しているものと考えております。従いまして、同氏は当社の一般株主と利益相反が生じる恐れがないと認められるため、独立役員に指定しております。

当社の監査等委員である社外取締役である宇都宮純子氏は、弁護士として、企業法務に関する相当程度の知見を有していることから、当社の監査においてその職務を適切に遂行していただけるものと考えております。当社と同氏の間には、特別な人的関係、その他利害関係はなく、必要な独立性を有しているものと考えております。なお、同氏は「4(2)役員の状況」に記載のとおり当社の株式3,000株を保有しておりますが、重要性はないと判断しており、必要な独立性を有しているものと考えております。また、同氏は宇都宮総合法律事務所(現宇都宮・清水・陽来法律事務所)を開設し弁護士として従事しており、またラクスル㈱の社外取締役(監査等委員)、平和不動産㈱の社外取締役、ぺプチドリーム㈱の社外取締役(監査等委員)でありますが、同事務所と当社の間には資本関係及び取引関係はありません。従いまして、同氏は当社の一般株主と利益相反が生じる恐れがないと認められるため、独立役員に指定しております。

当社の監査等委員である社外取締役である西山久美子氏は、公認会計士の資格を有しており、また、サステナビリティに関する職務に携わっていたことから、幅広い知見を有し、当社の監査においてその職務を適切に遂行していただけるものと考えております。当社と同氏の間には、特別な人的関係、その他利害関係はありません。また、同氏は西山公認会計士事務所の所長でありますが、西山公認会計士事務所と当社の間には資本関係及び取引関係はありません。従いまして、同氏は当社の一般株主と利益相反が生じる恐れがないと認められるため、独立役員に指定しております。

当社において、社外取締役(監査等委員を除く)及び監査等委員である社外取締役は、独立した立場、豊富な経験、幅広い知識に基づき当社の経営を客観的に監査、監督するとともに、当社の経営全般に助言することにより、コーポレート・ガバナンスの強化に寄与し、経営の適正性をより一層高める役割を担うものであります。

なお、当社では社外取締役(監査等委員を除く)又は監査等委員である社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準を特段定めてはおりませんが、代表取締役及び取締役との直接的な利害関係がなく、当社の一般株主と利益相反が生じる恐れのない独立性を有し、上述の期待される役割を全うでき得る人物を選任することを基本的な方針としております。

 

③社外取締役(監査等委員を除く)又は監査等委員である社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

内部監査、監査等委員監査、会計監査の相互連携、監査と内部統制部門との関係につきましては、内部監査室、監査等委員会、会計監査人は、各々の監査計画や監査の進捗状況等の情報を共有し、意見交換を行うことにより、連携を図り監査の有効性、効率性を高めております。

有価証券報告書

企業の概況

事業の状況

設備の状況

提出会社の状況

アクセス統計